お客様事例-4832

多軸ヘッドタイプのファインボーリング専用機

お客様事例-4832

従来の2WAY マシニングセンタの多軸ヘッドは、固定式で多品種の生産には向いていませんでした。一方で、桜井製作所が設計・製造した2WAY ヘッドチェンジャータイプのマシニングセンタは、ヘッドを自動で交換することができる為、フレキラインの工作機械としても適しています。2WAY ヘッドチェンジャータイプならではのワークの両面を加工を同時に行うことができます。この同時に加工する機能は、高精度の加工を必要とする同芯度などの加工精度が非常によく、仕上げ加工としても使用できます。2WAYヘッドチェンジャータイプは、ヘッドチェンジャー機能とファインボーリングによって、従来の工作機械よりも短い時間で、高精度の加工を実現します。

内容
対象ワーククランクケース
サイクルタイム50秒(脱着込)
標準納期
8ヶ月
  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. コンロッド用縦型 多軸専用機

  2. ビレット加工M/C

  3. 2軸ボーリング専用加工機

  4. ベースプレート加工ライン

  5. 両頭フライス専用機

  6. コンロッド両面切削マシン

  7. キュービック4 多軸ヘッドチェンジャー

  8. 他社製#40横型マシニングセンター3台 オーバーホール&改造

  9. 専用加工機トランスファー ライン