お客様事例-2121978
全景1
全景2
治具
図面
搬入装置

アクスルシャフト穴あけM/C

お客様事例-2121978

鍛造品の加工はMQLで加工し切削性の向上と刃具寿命を長くします。
クーラントを流し切粉処理を行います。
2台のマシニングセンターは同じ加工をしてサイクルタイム40secに対応可能です。

POINT1.自動搬送

ガントリーローダー搬送

POINT2.多品種小ロット流し

加工機は汎用マシニングセンターを使い汎用性を高めました。

設備スペック
名称アクスルシャフト穴あけM/Cライン
サイクルタイム40sec
加工精度JIS1級
サイズ5520mm7880mm4350mm
ワーク
名称アクスルシャフト 4機種
素材SS400 鍛造品
サイズ1φ165930mm900mm
サイズ2785mm800mm
  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. 多軸ヘッドチェンジングマシン Index付

  2. キュービック4 多軸ヘッドチェンジャー

  3. #50横型ガンドリル対応マシニングセンター

  4. コンロッド用縦型 多軸専用機

  5. シリンダー向け多軸専用加工機

  6. ベースプレート加工ライン

  7. ターレックス 多軸ヘッド(自動車業)

  8. シリンダーブロック向けGa(ガスケット)研磨専用機

  9. シリンダーヘッド加工用44頭 最大22軸の多軸ヘッドチェンジングマシン