3Dプリンター受託造形サービス

桜井製作所 受託造形サービスの特徴

①FFF(FDM・MEX)造形

ノズル径0.2㎜~1.0㎜ 積層ピッチ0.1㎜~0.5㎜
※注意点
ノズル径と積層ピッチは造形品質に大きな影響を与えます。
お求めのクオリティに合わせてご指定ください。
積層ピッチに関しては、ノズル径の半径以下でのご指定になります。

②造形サイズ 500mm×500mm×500mm以内

※注意点
最小壁厚は2㎜以上 棒形状では最小直径5㎜以上
造形したいモデルの水平方向が最も強度がでますが、細かすぎる部品では強度が著しく低下する場合があります。
また強度や品質向上を目的にサポート素材が多く必要になる場合がございますので、3D造形に向いた形状でのご依頼をお勧めします。

③素材 PLA・ABS・ASA・PP・POM・・・

フィラメントタイプ、ペレットタイプが造形できます。
ノズル径0.2㎜~1.0㎜ 積層ピッチ0.1㎜~0.5㎜
※注意点
基本的には当社指定の素材による造形となります。
お客様から指定の素材がある場合はノズル温度は300℃まで、テーブル温度は100℃までの素材をご支給いただき、テストを行う事も可能です。
その際はSDS等をご準備の上、お問い合わせください。

④3Dスキャン

※注意点
当社所有の3Dスキャナにより3Dデータのない場合でも現物をスキャンする事で3D造形する事が可能です。

⑤その他

※注意点
DデータをSTP(STL)データに変換いただきご依頼ください。
当社で形状等を確認させていただいた上で 造形可能か可否判断をさせていただきます。
造形物は形状により造形方向が変わり、品質や造形時間・素材の量が大きく変化します。
お客様ご指定のプランに沿ってお見積りいたします。
造形が終わったモデルに関しては、基本的にはサポートやブリムなどの除去後納品という形になります。
※細かい仕上げや樹脂ならではのサポート除去時の白化に関する処理などは実施しておりません。
※溶剤による表面処理・塗装は受託しておりません。

受託造形サービスの流れ

1.お問い合わせ

本ページ内にあります問合せフォームよりお問い合わせいただけます。
また、お電話・メールでのお問い合わせも承っております。

2.ご連絡

お問い合わせいただいた内容を確認次第、弊社担当者よりメール、もしくはお電話でご連絡させていただきます。

3.お打合せ・データチェック

依頼内容のご確認とお持ちのデータの確認を行います。
データに問題がないことが確認できましたらデータをお送りいただきます。

4.お見積り

お打合せの内容を元にお見積書を作成いたします。

5.ご発注・造形

ご発注いただき次第、納期に合わせ造形に入ります。

6.納品

造形が完了次第、ご指定の場所に納品いたします。

造形可能素材

名称特徴使用例
PLA熱収縮が少なくプリント成功率が高い製品試作・模型
ABS強度のバランスに優れる製品試作・治工具
ASAABSの弱点である反りに強く耐候性がある建材、屋外用品
PA高い柔軟性と耐摩耗性を持ち、衝撃や応力に耐える高強度プロトタイプ
Wood木の質感の造形モデルを作ることができる建築モデル
その他お問い合わせください

関連記事

  1. 大型3Dプリンタによる受託造形サービス概要

  2. 3Dプリンタ- HERO500M

  3. 補助金を活用した3Dプリンターの導入

  4. 3Dプリンタ- HERO500S

  5. 定着性の悩みを即解決!3Dプリンタ用ビルドシート販売!!