お客様事例-4738

CUBIC 多軸ヘッドチェンジャー

お客様事例-4738

自動車のCVTミッションケースを多軸ヘッド3頭を使用して、ワーク脱着込のサイクルタイム49秒で加工を行います。 NO.1ヘッドはドリル工程21軸、NO.2ヘッドはドリル、リーマ工程合わせて18軸、NO.3ヘッドはタップ工程32軸です。マシニングに比べて加工設備数の削減が期待できます。 この多軸ヘッドはお客様のご指示により、サイクルタイムが49秒の仕様で設計・製作いたしました。 ミッションケースラインの中で、この多軸ヘッドが配置されている前後間を踏めて、最適なサイクルタイムが49秒であり、この時間に合わせるコトで多軸ヘッドが止まっている時間(加工をしていない時間)がなくなるからです。この基準により、多軸ヘッドの数が3頭となっている理由です。

内容
対象ワークCVTミッションケース
サイクルタイム多軸加工
標準納期
6ヶ月
  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. 多軸ファインボーリング マシニングセンタ

  2. コンロッド両面切削マシン

  3. バルブフィニッシャー専用加工機

  4. #50横型ガンドリル対応マシニングセンター

  5. 縦型フライス専用加工機

  6. アクスルシャフト穴あけM/C

  7. シリンダー向け多軸専用加工機

  8. 対向3ヘッド4インデックス専用加工機

  9. 20工程を集約する多軸ヘッド