お客様事例-2111194
全景1
全景2
治具
図面
搬入装置

コンロッド両面切削マシン

お客様事例-2111194

サイクルタイム短縮のために当社製品であるロータリーフライスとロボットを使用し、2機種のコンロッドの両面切削を自動的に行うマシンを製作しました。

POINT1.2機種分の治具

サイクルタイム短縮のために2A1200ロータリーフライス盤に2機種分の治具、表裏加工治具4式×2機種=8式の治具を使用しました。ターンテーブルで加工を行うため、他社専用機に比べコンパクトな設備となっています。

POINT2.ロボット搬送

搬送はロボットで搬入搬出をする、テーブルの回転に同期して着脱する機構を採用しています。ロボットの爪は自動で交換して2機種のコンロッドを掴みます。

設備スペック
名称2A1200ロータリーフライス盤
サイクルタイム50sec
加工精度荒、中仕上げ
サイズ5600mm3920mm2730mm
ワーク
名称コンロッド
素材S55C 鍛造品 2ピース
サイズ1180mm80mm30mm
サイズ2170mm75mm28.5mm
標準納期
6ヶ月
  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. ビレット加工M/C

  2. 5軸デバリングセンター

  3. 対向3ヘッド ドリル・タップ専用加工機

  4. シリンダーブロック向けGa(ガスケット)研磨専用機

  5. ターレックス 多軸ヘッド(自動車業)

  6. 3多軸ヘッドチェインジング 4インデックスマシン

  7. シリンダー向け多軸専用加工機

  8. 他社製#40横型マシニングセンター3台 オーバーホール&改造

  9. 両頭フライス専用機