お客様事例-4809

多軸ファインボーリング マシニングセンタ

お客様事例-4809

マシニングはオートツールチェンジを行う事で精度が変わる可能性があります。そのため、高い精度を必要とするワークについては、最終仕上げ後にインライン上で制度測定が必要となり、生産ラインのサイクルタイムが伸びる要因になっています。桜井製作所の多軸ファインボーリング マシニングセンタを採用すれば、オートツールチェンジが無いため一度に加工の精度出しが可能です。加工精度が高い精度で安定することができるので、上記の述べた生産ライン内での検査工程をシンプルにすることができます。その他にも、多軸ヘッドでワークの両面同時に加工することでサイクルタイムを短縮することが出来ます。

内容
対象ワーククランクケース
サイクルタイム52秒
標準納期
6ヶ月
  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. 対向型2ヘッド ノッチミル・ドリル加工専用機

  2. 対向3ヘッド ドリル・タップ専用加工機

  3. 多軸穴あけ専用機-大手二輪業・輸送機械製造業

  4. CUBIC 多軸ヘッドチェンジャー

  5. 多軸ヘッドチェンジングマシン Index付

  6. パイプ圧入装置

  7. 専用加工機トランスファー ライン

  8. 2軸ボーリング専用加工機

  9. 多軸ヘッドチェンジングマシン:TURREX