お客様事例-4284

5軸デバリングセンター

お客様事例-4284

MAX20,000回転の高速主軸及び二面拘束ツーリングの高剛性化により、一般的なバリ取り設備と比べて飛躍的なサイクルタイムの短縮が可能です。また加工能力の向上からバリの取り残しがなくなるため、検査工程や手作業による仕上げの工程が不要となります。バリ取りが困難なダイキャスト製品でも迅速なバリ取りが可能です。

内容
対象ワーク4輪ミッションケース
サイクルタイム45秒(加工のみ)
標準納期
6ヶ月
  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. B-Trim500 CYL-BLOCKバリ取り

  2. 専用加工機トランスファー ライン

  3. 両頭フライス専用機

  4. ターレックス 多軸ヘッド(自動車業)

  5. 3多軸ヘッドチェインジング 4インデックスマシン

  6. 対向3ヘッドNC専用加工機

  7. 多軸ヘッドタイプのファインボーリング専用機

  8. シリンダーヘッド加工用44頭 最大22軸の多軸ヘッドチェンジングマシン

  9. 他社製#40横型マシニングセンター3台 オーバーホール&改造