【開発中】ロボット加工機 ロボマジック SAKU270

ポイント1

省スペースで安価な加工ユニット

ポイント3

大型ロボットに加工主軸を持たせて加工。あらゆる方向からの加工に対応

ポイント2

ツール交換システムの付属によりあらゆる加工に対応

ポイント4

ロボットに走行軸を設けることにより、長尺部品の加工が可能に

 CAMを使用した加工プログラムが可能

 標準仕様 Standard Specification

型式ModelROBOR MACHINING CENTER
加工ストローク(X*Y*Z)Processing stroke1,500*1,000*500
使用ロボットUsing ROBOTKUKA KR270-R2700ultra
主軸サイズSpindle sizeHSK63
主軸出力Spindle power20 kw
主軸回転数Spindle speed1,000~15,000 rpm
制御装置Control systemNC MITSUBISHI

 特殊仕様 Sprecial Specification

ツールマガジン本数No of tool magazine10 pcs
切削用オイル供給Machining oil supplyMQL
自動芯出し装置Automatic centering deviceWireless

仕様は予告なく変更する場合があります。

 寸法図

  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. マシニングから多軸ヘッドに加工機を変更した場合のメリット

  2. 建設機械部品サイドフレーム加工時間短縮

  3. 特殊フライス加工

  4. カタログダウンロード【SAKU270】

  5. TCT Japan2024 アポイントお申込みフォーム

  6. 多軸加工機”TURREX”の活用メリット(タレットマシンとの比較)