弊社 OKUMA 横型マシニングセンターをオーバーホール

1996年製 弊社 OKUMA MC800H 横型マシニングセンターを、25年経過し機械精度が悪化したためオーバーホールを行う。

    <オーバーホール内容>

  • 現状機械レベルの確認
  • 各軸の現状精度調査
  • 現状X,Y,Z軸の摺動面確認
  • ボールねじ点検
  • その他不具合点の確認
  • Z軸の摺動面キサゲ擦り合わせ
  • Z軸裏板擦り合わせ
  • Z軸カミソリ調整
  • 各軸真直度、平行度、レベル調整
  • 組付け最終精度検査
  • 動作確認、精度確認

関連記事

  1. 弊社 Mazak 旋盤をオーバーホール

  2. H社製M/C 22台をオーバーホール

  3. E社製 M/C4台をオーバーホール