マシニングから多軸ヘッドに加工機を変更した場合のメリット

多軸ヘッドを使用した設備はマシニングに比べ移動軸数が少なく、構造が簡単なことから、メンテナンスがしやすい。また、ピッチ間が決まっている多軸ヘッドは1度加工精度を出してしまえば、NCによる繰り返し位置決め精度の影響を受けにくい。

Before

マシニングセンタは1本の主軸でツールを交換しながら、複数の穴あけ加工、タップ加工を行います。

  • 多様な切削加工ができますが、その都度、工具交換が必要となります。
  • さまざまな位置の穴あけをするためには、X軸,Y軸,Z軸といった各軸の位置決めを毎回行う為、基本的には、機械の位置決め精度が加工精度にそのまま影響しています。
  • 各軸の位置決め精度が加工に影響する為、保全部品の管理が大変になります。
After

  • 1度のZ軸送りで、複数の穴あけ加工、タップ加工を行うことが出来ます。
  • 1つの多軸ヘッドで色々な径、種類の穴あけ加工を同時に行う事が出来ます。
  • 加工対象ワークの穴と穴とのピッチ間精度は、多軸ヘッド上の各スピンドルのピッチ間で決まってきまる為、安定した繰り返し精度の穴加工が出来ます。
  • X軸、Y軸の移動軸を持たない為、スペアの保全部品をしまって置くスペースも少なく済みます。
  掲載情報について

掲載の製品画像はあくまで一例です。既存設備のバージョンアップをご検討の際は、ご利用のロボットのメーカー・仕様などに制限はありません。


当社の製品はすべて、お客さまの製造ラインのレイアウト・キャパシティー・製品概要・人員配置など詳細をヒアリングの上、ご要望を踏まえてご提案しております。

関連記事

  1. 建設機械部品サイドフレーム加工時間短縮

  2. 特殊フライス加工